第5回

■第5回「いきものラジオ」秋分編 (9月23日配信)        

■いきもの村ニュース
 季節の変わり目の一大イベント ~『渡り』~
☆気流に乗って1000kの海を旅する蝶「アサギマダラ」
☆「渡り」を暦がわりとして使った暮らし
☆渡り鳥は「マイロード(渡るコース)」を持っている
 ・マイロードに作る「自分好みの種の森」→道中のエネルギー確保
☆現在、「鳥の道」を人間が分断して渡れない⁉

※参考  ドキュメンタリー映画「鳥の道を越えて」

勝手に認定いきもの印
 コミュニケーションの達人 ~『菌根菌』~
・菌根とは、菌と植物の根が共生していること。菌根菌とはその菌根の菌であり、キノコやカビのこと。 ただし本体は土の中にある菌糸

☆4億年前から生息している菌根菌
☆森の中の菌(坂田)とカラダの中の菌(冨田)対談~菌根菌はまるで脳神経⁉~
☆リーダーって本当にいるの?~自然観を変える菌糸、菌根菌~
 ・共生関係の中でお互いが判断して生きていくということ 
 ・経験を持っている木(長寿木)は、たくさんの情報を与えることが出来る。
 ・「山の主・森の主・家の主」の【主ぬし】と全体の関係
→昔の人は知っていた「長い歴史の中で要になるものを壊すと全てが壊れていくこと」を  

『微生物の世界は小さいけれど【森】のよう。そう、森とは表面だけのことをいうのではなく、その土の中まで膨大に広がっている。そしてあらゆる生きものは、その微生物と共生していて、私たちの生活ももちろんその上にある。』

炊事洗濯家事いきもの
『衣服』~植・色・職の多様性が、地域・文化・個の多様性へ~

☆服=取り入れるの意(着服、内服、服用など)
 ・「衣服は大薬なり、食は小薬なり」の意味
 ・先住民的、伝統的智恵「薬効を楽しむ、色を楽しむ」
☆化学繊維誕生が世界にもたらした衝撃→大量生産、規格化、スピード、安定 
 ・【植物】を身にまとうから、【石油】を身にまとうへ
 ・個人、個性より集団、組織を大事にする社会へ
☆ガンジーの言葉 ~自分たちが変わらなきゃならない~
  「躍らされるな、走らされるな、走らせるな」
 ・チャルカ(糸紡ぎ)の瞑想→関係性を見つめ直す時間
☆エシカルファッション(倫理的なファッション)

『たとえ作る事が難しくても、衣服を買う時の選択でいろんな多様性が守られ、また広がる』

■音楽
 内田ボブ/鷲の歌
 7generations walk/7g walk song




※いきものラジオでとりあげる音楽は、 生物多様性コンピレーションアルバム「つながる めぐる いのちのわ」から選曲しています。

※CDのお問い合わせは、http://oracionvida. wixsite.com/inochinowa0/



0 件のコメント:

コメントを投稿